3-1 3-2 2 1 pic1 pic-2 pic-3-1F pic-3-2F 4

バーチャル工場見学

  • 第一工場 スプラインナット製造のメイン工場

    “ボールスプライン”は、スプラインシャフトとスプラインナットと呼ばれる部品によって成り立っていることから、第一工場ではスプラインナットを主に製造。ナットの内側に溝を作るためのナット溝研削専用ラインを設置し、効率的に製造しています。溝が仕上がったナットには、転がり運動をするためのボールが取り付けられます。

  • 第二工場 スプラインシャフト製造のメイン工場

    “ボールスプライン”のスプラインシャフトを主に製造しているのが第二工場。ボールが通る溝を研削するという作業が8割を占めています。大きく分けるとLT型,LES型という2種類の形のスプラインシャフトがあり、シャフトの丸軸の内径寸法によって各専用研削機械に振り分けて作られます。

  • 第三工場(1F) ローラースプライン製造のメイン工場

    新たに建てられた2階建ての第三工場の1階では、2006年に誕生した“ローラースプライン”を製造。その精度を高めるために工場内の温度はつねに20度に保たれており、専用ラインによって作られています。

  • 第三工場(2F) ポールスプラインの組立から発送までを行う

    2階はスプラインシャフトとスプラインナットの組立から、検査、発送まで、最終工程のためのスペースです。
    お客様のもとへ迅速に商品をお届けするため、専用組立ラインを構築、工程内には自働化ロボットを導入し、効率化を図っています。

  • 製造推進部 製造部門を技術面からサポート

    製造推進部では、高品質な製品を、効率的に生産できるよう製造部門を技術面からサポートします。

    ・ユーザーの要望に応じた製品設計/開発
    ・ロボットを含む自働化装置・新規設備の導入、開発
    ・ユーザー毎の納期対応、生産スケジューリング
    ・必要部材の調達、在庫管理